毛穴

毛穴対策

開いてしまった毛穴、毛穴に詰まった汚れが酸化した黒ずみ、お肌のざらつき…年齢とともにターンオーバーのサイクルが乱れてなかなか解消しないうちにまた毛穴が目立つ…という悲しいサイクルを繰り返している人が多いのではないでしょうか。

鏡を見ていると自分だけが素肌の汚い人に思えてくる気がします。

みんな結構悩んでいてメイクでうまくカバーしていたりするのでしょうが、毛穴の対策はどんなことをしているのでしょうか?

ピーリング…けっこう肌に負担をかけるものが多いですね。

毛穴が開いている状態は肌の保水力も不足気味。

そんなときにピーリングで肌に負担をかけるのはちょっぴり抵抗を感じます。

保水力を上げて毛穴を引き締めるためには、やはりバリア機能もあげておかないとね…。

毛穴対策をあまり考えなかったけどちょっぴり鼻の頭の毛穴の開き具合が気になっていました。

友達から教えてもらったオイルのマッサージとローションパックで数か月するとその毛穴が目立たなくなりました。

継続は力なりですね。

たるみやくすみが気になっていたので相談したら、オイルマッサージをすすめられました。

サンダース・ペリーのサンフラワーティシューオイルは天然植物オイルでさらっとした使い心地。

オイルの前にはクレンジングで汚れを落としておきます。

クレンジングもエッセンスオイルが入っていて、必要な油分は肌に残ります。

マッサージした後は少しべたつくかと思われたのですが、翌朝はすっきりさらりとしていて、美容成分が浸透していったな!と実感できる素肌感でしたね。

オイルマッサージした後に蒸しタオルでさっと押し拭きしたら、コットンにたっぷりローションを含ませてパッティング。

そのあとクリームでオイルの成分もローションの保水力も封じ込めます。

ローションパックも時々やって数か月で毛穴の汚れも開いた毛穴も目立たなくなりました。

毛穴ケア

気になっていた毛穴だけじゃなく、肌全体がいい状態になってきたので続けています。

毛穴対策は素肌作り対策でもありますね。

毛穴対策U

開いた毛穴や毛穴の黒ずみはお肌のキメやなめらかさを失っているということになります。

毛穴が目立つお肌は見た目にもざらついて見えますものね。

ツルツルで肌触りのいいお肌って健康なツヤ肌なわけだから、毛穴対策のスキンケアをしておけば常にきれいな素肌でいられるというわけです。

年齢とともにお肌のキメや明るさがなくなります。

シワやたるみが目立ってきますね。

これって毛穴も開いているということなのです。

まずは毛穴を引き締めてお肌の奥へ潤いと美容成分を浸みこませていかなければなりません。

毛穴の黒ずみや顔のくすみは古い角質や毛穴の皮脂汚れが原因です。

クレンジングや洗顔でまずは汚れを取り除きます。

そうはいっても皮膚はそんなに厚いものではありません。

よく「面の皮」と言いますが皮膚は薄くてデリケート。

敏感肌の人でなくても過剰なクレンジングは負担になるのです。

そのために汚れを取っているはずなのに黒ずみが落ちないとか、くすみが解消されないと実感する人がいますね。

洗顔石鹸等十分泡立てて泡洗顔を心がけましょう。

しっかりすすいでやわらかなタオルで水分を抑えるのがポイントです。

決してこすらないのが鉄則ですね。

そしてローションはたっぷり。保湿は十分すぎても大丈夫です。

しっかり水分を届けてあげることが大事ですね。

ローションは数回に分けてしっかりパッティングしてあげると肌がひんやりしてくるとともにもっちりしてきます。

面倒くさいかもしれませんがこのもっちり感が保水力のある肌を作るのです。

その後美容液も肌に浸透させます。

ハンドプレスで浸透力が高まりますよ。

毛穴対策におススメはこのステップの後に保冷剤を数秒ずつ気になる所へ当てていきます。

顔全体に保冷剤をあてて肌表面がヒンヤリしたら終了です。

引き締める効果があり、毛穴が小さくなったという口コミが多いです。

簡単に手に入る保冷剤をストックしておいて毎日繰り返し使えるのでgoodなアイテムですよね。

この後美容液やクリームのスキンケアをすればOKです。

特別な美容効果のあるものを使ったスキンケアではありませんが、いつものお手入れにもうひと手間で毛穴レスになれるはずです。


毛穴開き直す【化粧品ランキング】

毛穴対策メニュー

毛穴対策リンク